対策をして英会話に強くなるその方法とは何か

本番前に

定番の書籍を使うか使わないか

TOEIC・・・それは英語を母国語としない国の人々が英語でのコミュニケーション能力を推し量ることのできる資格試験である。 しばしば、TOEICの検定での点数が就職時に条件の一つに加えられるほど、 日本の企業ではその価値を高く評価されているきらいがある。 従って、よりよい職場への転職、あるいは現在の職場でのキャリアアップのために努力して高得点を獲得するためにTOEICにのぞむ人も多い。 また、巷には、そんな人々たちのためのTOEIC対策について説かれたものも 多く存在する。 数あるTOEIC対策の中から、いくつかのセンテンスを拾い読みして、その学習方法にさっと目を通してみた。 総じて言えることは、ただ一つ。 TOEIC対策に定番の書籍を使うことは効果的だが、使ったからといって 高得点を狙えるわけではないということだ。

本番までに心がけておくこと

TOEIC対策に大事なことは、継続して学習すること。 そして、本番にはいくつもあるカテゴリの試験問題をいかにタイムロスなしに こなしていくかということだ。 ある人は、公式問題集を繰り返し学習することで本番の臨場感や、試験問題の傾向を自分に覚えこませる方向で学習している。 ある人は、中学時代に習った分野を復習することで基礎的な英語能力を培う。 またある人は、ヒアリングに特化した勉強方法でヒアリングに自信をつけるかたちで本番にそなえる。 いずれにしても、王道はない。 当日を迎えるまでにすみやかに自分なりの学習スタイルを決め、できるだけ 繰り返し何度も学習して自分のものにする。 継続こそが最大の力となる。 企業には高く評価されているTOEIC。 高得点を獲得したからといってその人の英語能力が いきなり高められて英語で流暢に話せるようになるわけでは ないことは理解しておきたい。

Copyright (c) 2015 対策をして英会話に強くなるその方法とは何か all reserved.